子育て

2歳男の子のイヤイヤ期と赤ちゃん返り

0歳女の子、2歳男の子を育てています

下の子が産まれたのは息子が2歳6カ月の時です

Sponsored Link

初めて妹をみた時の反応は?

出産後3日目に病院に会いにきました

初めての場所に色々なものが気になるようで、赤ちゃんみても『ん?』という反応でつんつんするくらいで椅子に上ったり下りたりして遊んでいました(笑)

まだよく分からないようでした

自宅での生活開始

保育園から帰宅したらあれ!?何かがいる!!!

息子は気にしつつも気にならないフリをして遊んでいました

実家だったのでじーじ、ばーばが遊んでくれたので私は産まれたばかりの赤ちゃんのお世話と自分の体調を戻すことに1か月ほど専念しました♡

その結果・・・

徐々に上の子のイヤイヤが始まりました

イヤイヤ期突入!

今日のおやつはカステラだよ~♡

『いやっ!!!』

トイレいこっか!

『いやっ!!!』

遊ぶ?

『いやっ!!!』

なんとまぁ、、、返事がすべて『いや』になりました(笑)

昼間は保育園に行っていたのですが、朝と夜だけで100回は言ってるよね・・・というくらいすべてがイヤイヤになっていきました

朝起きたら『いやっ!!!』

朝食も『いやっ!!!』

寝るのも『いやっ!!!』

と泣き叫ぶこともよくありました

保育園でもわがままが増えてきていると聞き、大変ですが頑張りましょう!と声をかけてもらいました

今まではママを独り占めできていたけれど、できなくなったストレスを感じ戦っているんだろうなと思いました

事件発生!

今までできていたトイレも嫌がるようになり、ある日まったくトイレに行かない日がありました

漏らすこともなかったのですが、朝おしっこして夕方になってもおしっこがでていないのです

どこか悪いんじゃないか?トイレ行こうと誘っても暴れて嫌がり、とても心配になりました

オムツに履き替えてしばらくして、大量のおしっこがでたので安心しましたが、この日をきっかけにどうにかしなければ!!!と私の心が動いた瞬間でした

トイレ専用シールを作成!

トイレを楽しい場所にしようと考えました

無料のトイレトレーニングの用紙をダウンロード、100均のシールを購入してトイレにセットしました

こどもちゃれんじのしまじろうがあったので上に貼り付けました

子供の反応は?

いつものように『いや!』とトイレにいかない息子を連れだして、すき間から覗いてシールに気づきました!

すぐに触ろうとするので、トイレできたらシールぺったんしようね♡

と伝えると、素直に脱いですぐにおしっこをしてシールを選び出しました

2回目もシールぺったん行く?と誘うと素直にトイレへ!

今までの苦労(トイレで機嫌を損ねて2時間近く泣き叫ぶなど。。。)は何だったんだ?!というくらいあっさりトイレに行くようになりました!!!

トイレぐずりはこのアイデアが効果絶大でした

また寝起きもとても悪かったのですが

『しまじろうにおはよう!って挨拶しにいこっか?』とトイレに誘うとすんなりトイレへ!

『おあよー!』としまじろうにハイタッチして朝のトイレもして・・・とすべてが上手くいき感動しました

アイデア一つでこんなに子供の反応が変わるんだな!とびっくりしました

子供との関わり方を変える

産後1か月までは私は下の子優先で生活をし、上の子のことは両親に任せきりでした

上の子はじーじと楽しそうに遊んではいるものの、授乳していたら背中に抱き着いてきたりと邪魔しにくることが多くなっていました

ある日私が久しぶりに子供を連れて庭に遊びに出たところ、その日はイヤイヤ!とぐずることなく夜の寝る時間になりました

あれ?もしかしてイヤイヤがひどくなったのはママと遊べていないからなのかな?と思いました

体調も良くなっていたので、授乳の時以外は下の子を両親に任せ私が上のこと遊ぶように役割を逆にするようにしました

子供の反応は?

ママと遊ぶ時間が増え少しずつですがイヤイヤが減るようになりました

『抱っこ!立っち!』と立って抱っこしてと要求されることが多かったので、抱っこって癖にならないかを母乳相談の助産師さんに相談したところ、こんなことを言われました

子供が抱っこして!という前に、母親の方から抱っこさせてー♡と行くことが大切

 

抱っこで触れ合って自分の要求が通ることで自分が愛されていることを確認するそうです

それからは私から抱っこしようか?と言ったり、私の両親と取り合い遊びをしたりと愛情をたくさん注ぎました

『ママがだっこする』『じーじが抱っこする』と子供の足を引っ張りながら取り合いっこすると、とてもうれしそうな顔をしていました

授乳していいか聞く

里帰りが終わり家族での生活が始まると子供と3人の時間が増えます

授乳するときにちょっかいを出されることが多かったので、私は授乳していいか子供に聞くようにしました

『お腹すいたって言ってるからおっぱいあげていい?』

と聞くと『いや!』と返ってきます(笑)

『じゃあ先に〇〇君が飲む?』と授乳クッションをだすと、『飲む!』とゴロンとして飲むふりをします

右、左と両方を飲む真似をすると満足するようで、『どーじょ!』と妹に席を譲ってくれました

そのように本人が『いーよ!』と言った後の授乳中は邪魔しにくることなく一人で遊んでくれるようになりました

赤ちゃん遊びに付き合う

『えーん、えーん』と泣き真似をする息子

オムツかな?お腹すいたかな?と聞くと『ピーピー!』と小股をポンポン触るので、下の子に使っている紙おむつをズボンの上からつけてあげました

そこからまた『ピーピー!』と嬉しそうにやってくるのでそのたびにオムツを変えてあげると、10回ほどで飽きて赤ちゃん遊びが終わります

そのかわり、赤ちゃんが泣いていたり音がすると、『ピーピー!ピーピー!した』と教えてくれるようになりました

助産師さんに言われた言葉を思い出しました

自分が愛されていると満足していたら余裕に繋がり、下の子にも優しくできるようになる

泣いていたら、泣いているから行ってあげて!子供の方から言ってくれるようになる

Sponsored Link

今後の目標

2歳9か月になり、少しずつ言葉が増え子供自身も私自身もお互い伝えたいことを伝えたり理解ができるようになり、コミュニケーションがとれるようになりました

以前のような、なんでイヤイヤしているのか分からない!ということは減ってきました

赤ちゃん返りとイヤイヤ期、とても大変ですが、できる限り子供と向き合って遊んであげたいなと思います

朝起きてすぐ、立っち抱っこを要求されたり、朝食を作っている時に抱っこ!!!と言われると、イラっとしてしまう日もありますが(笑)

イラっとしないで一度は抱っこして子供の心を満たしてあげようと思います♡

イヤイヤ期と赤ちゃん返りの対応のまとめ

私が行っている対応はこちら

上の子優先の生活をする

イヤイヤでどうしようもない時は外に行くなど気分を変えさせる、できないときは泣きやむまでそのまま放置・・・笑

シールなどのご褒美を用意する

抱っこしたりギューっとする時間を増やす

赤ちゃんになった時は、赤ちゃん遊びを飽きるまでする

もう一つ大切だなと思うことは、母親に余裕があるかどうかです

筆者自身、疲れて余裕がない時は抱っこなんてできないし、寄り道されるだけでイライラします(笑)そうならないために

休みの日午前中はパパと上の子は出かけてもらう!

と決めています!

2時間遊んできてもらえると、家事を自分のペースで行い、ゆっくりコーヒーを飲みながら下の子と2人の時間を楽しむことが出来ます

その静かな時間が母親の余裕に繋がり、帰ってきた子供とパパに優しくできる秘訣なのです♡

 

Sponsored Link