偽装不倫

【偽装不倫】2巻ネタバレと感想!嘘でもいいから愛されたい女心に共感!

東村アキコさんの漫画【偽装不倫】は、2019年7月に杏さん主演でドラマ化されます!

この記事では偽装不倫2巻のネタバレを書いていきますね。

1巻をまだ読んでいない方はこちらの記事をご覧ください!

【偽装不倫】1巻ネタバレと感想!魅力溢れるジョバンヒに胸キュン!東村アキコさんの漫画【偽装不倫】は、2019年7月に杏さん主演でドラマ化されます! この記事では偽装不倫1巻のネタバレを書いていき...
Sponsored Link

【偽装不倫】2巻ネタバレ!2人のソウルデート

好きになってはいけないと思いつつもジョバンヒとのデートが楽しくて仕方がない鐘子。

結婚しているという嘘も慣れてくれば、夫の作り話をすらすらと言えるようになっていました。

 

ジョバンヒはモデルとして仕事をしていた時期もあったのですが、稼ぐことはできずその時お世話になっていた日本人のカメラマンさんの紹介で日本の写真学校に入学しています。

韓国は留学文化があり奨学金もでるので、たまたま日本だったのだけれども、日本は素晴らしかったと鐘子に話をします!

 

鐘子は東京出身ですが、小学校入学前までは両親の地元である岩手県に住んでいました。

岩手県のオススメを紹介していると、宮沢賢治が気になったジョバンヒ。

鐘子の岩手県おススメポイント

・小岩井農場
・牧場
・温泉
・スキー場や海
・宮沢賢治

日本の文学者である宮沢賢治は宮城県出身。

ジョバンヒがその場で調べたところ、

【銀河鉄道の夜】に登場する【ジョバンニ】が自分の名前と一字違いだということに気が付き感動するのです。

 

ジョバンヒは面白いところがあるから写真を撮りにいこうと鐘子を誘います。

路地に入っていくので少し怖い鐘子ですが、ジョバンニが手をつなぎ、目をつぶるよう鐘子に言います。

1(ハナ)2(トゥ)3(セー)で目を開けるとそこには、

路地の壁に描かれた可愛いイラストと、真ん中で両手を広げて待っているジョバンヒの姿が!

鐘子は駆け寄りジョバンヒの胸へ飛び込みます!

 

ジョバンニは日本語だと【目がまぶしい】という意味です。

鐘子はジョバンヒのことが眩しくて、嘘でもいいから愛されたいと思うのでした。

 

こんなロマンチックなことされたら、気持ちが膨れ上がり止められなくなりますよね!笑

ジョバンヒかっこよすぎ!そしてロマンチストですよね♡

Sponsored Link

【偽装不倫】2巻ネタバレ!姉葉子とジョバンヒの秘密とは?

鐘子が日本に帰る日の朝、2人は寝坊(笑)

鐘子は飛行機の時間があるので慌てて準備をしていると、ジョバンヒは空港へ送ることはできないと言います。

その言葉に【もうこの関係は終わりだよ】と言われている気がして、ショックを受けた鐘子。

別れる間際、ジョバンヒがLINEは聞かなくていいのか?と尋ねるものの、鐘子は強がり断ります。

 

そして・・・姉の結婚指輪をホテルに忘れて日本へ帰国するのでした☆

 

帰国後に指輪がないことに気が付いた鐘子は、姉に睨まれあわてて指輪を探します。

ホテルに電話しても見つからず、ジョバンヒが持っている可能性もあるけれど連絡先は聞いていません。

鐘子は姉の葉子に謝ろうと決意します。

 

夫には結婚指輪のことを言わないでと口止めされおり、2世帯住宅では葉子の夫がいて話を切り出すことが出来ず、そのまま姉は出張へ。

このままではヤバイと思い、鐘子は結婚指輪をお店へ見に行きます。

そして出張に行ったはずの姉の姿を目撃するのです。

 

真面目な姉の姿から、胸元のあいた服、眼鏡ははずし、赤いリップを付けた姉の妖艶な姿に、鐘子は姉が不倫していることに気が付きます。

そして年下の可愛い男の人と会っているところを目撃、尾行していたことも姉にばれ、

夫には言わないようにと連絡がくるのでした。

鐘子の姉・葉子は結婚していないと嘘をついて、

【結婚には興味がない女性】として年下イケメンと不倫しています。

 

とても優しい夫がいるのに不倫する姉の考えていることがわからない鐘子。

離婚する気はないから指輪を返してと連絡してくる姉に、ジョバンヒにまた会える口実が出来たことを嬉しいと思う鐘子がいます。

カメラマンをしているジョバンヒはSNSですぐに見るけることができ、そしてその中に指輪の写真があったのです。

 

一方ジョバンヒはが鐘子が寝坊した日に空港まで送ることが出来なかったのには理由があったのです。

病院に行って診察を受けているので何か病気でしょうか?

ジョバンヒも秘密がありそうですね!

【偽装不倫】2巻ネタバレ!2人の出会いは運命?

鐘子の名前の由来をお話しますね^^

鐘子の姉が4歳の頃【銀河鉄道の夜】が大好きで、妹が生まれたらカンパネルラがいい!と母親にお願いします。

母親はカンパネラという花の存在を知っており、カンパネラは日本名で釣鐘草。

釣鐘草の鐘から、【鐘子】しょうこと名付けたのです。

【銀河鉄道の夜の登場人物】

主人公:ジョバンニ
主人公の親友:カンパネルラ

偽装不倫の鐘子の由来はカンパネルラ。イケメン韓国人の名前はジョバンヒ。

2人の出会いは運命!!!

と思いがちですが、30歳の鐘子は運命と思えるほど若くはなく単なる偶然、とジョバンヒにのめり込みそうになる自分を必死に抑えています。

 

運命!と思い飛び込めるとラクなのですが、30歳になると慎重になますし、傷つきたくないという気持が強くなりますよね。

鐘子の中でジョバンヒが私を口説くのは遊びだと思っています。

遊ばれていると理解しながらも、惹かれていく鐘子。

 

ジョバンヒの気持ちを早く知りたいですね☆

【偽装不倫2巻のまとめ】

・2人はデート楽しみ、連絡作の交換はせずに別れる
・鐘子の姉・葉子は不倫している
・鐘子の姉の結婚指輪を、ジョバンヒが持っていることをSNSで知る
・ジョバンヒには秘密がある(何か病気?)

Sponsored Link