グランメゾン東京

グランメゾン東京5話ネタバレ感想!京野ではなく祥平がナッツオイルの犯人?

グランメゾン東京4話ではついにお店がプレオープンしましたね。

gakuの刺客が紛れ込んでいた為、ウニの料理が間に合わない!

っというアクシデントに見舞われましたが、平古祥平の助けがあり無事に全てのコースを提供することができました^^

そしてリンダもグランメゾン東京の美味しさをグルメ雑誌に掲載!

けれどそこには尾花夏樹が関わっていることや、過去の事件についても触れていたのです。

そして久住琴奈と過去の事件を探っている様子も映し出されました。

そこで名前が上がったのは、京野陸太郎

この記事では京野陸太郎が犯人なのか?またグランメゾン5話で京野陸太郎が事件に関わっていることが分かるのかを予想していきたいと思います!

※2019年11月17日放送後に追記しました!

Sponsored Link

グランメゾン東京5話ネタバレ予想!過去の事件とは?

過去の事件とは尾花夏樹がフランスパリ時代に開いたお店「エスコフィユ」での事件です。

エスコフィユは二つ星を獲得したレストランで「尾花夏樹は日本人の中で一番三ツ星に近い男」と言われるほどの料理の腕前を持っています。

日仏首脳会談がエスコフィユで行われたのですが、その昼食会の時に大統領のアレルギー食材が混入。

大統領がアナフィラキシーショックで倒れるという事件が起こり、尾花夏樹の態度も影響してエスコフィユは店を締めざるを得ない状況に陥ったのです。

 

この事件の犯人は捕まっていません。

一番怪しいのは尾花夏樹に恨みを持っている人間です。

エスコフィユは尾花夏樹のお店で二つ星も獲得しパリで有名になっていました。

尾花夏樹に嫉妬しその座から引きずり下ろす為に、仕掛けられた罠だと考えられますよね!

ですが尾花夏樹は仲間を信じて疑うことはしなかったので、犯人探しもしていません。

 

リンダと久住琴奈はパリの事件の犯人を捕まえようと動いています。

雑誌に掲載され、味も過去も暴露されグランメゾン東京が人気になると、犯人は再び動き出すと予想しているのです。

再び尾花夏樹を陥れる為に。

そして久住琴奈が目星をつけたのが京野陸太郎。

京野陸太郎が一番野花夏樹に嫉妬している人物だと言うのです!

グランメゾン東京と二ツ星の料理人は似てる?パクリ疑惑があるってマジ?毎週日曜日夜9時から放送されている「グランメゾン東京」 木村拓哉さん主演、元ミシュラン二つ星レストランのシェフが三ツ星を取るという...

グランメゾン東京5話ネタバレ予想!京野陸太郎が犯人という証拠がある?

京野陸太郎は現在グランメゾン東京のギャルソンとして、尾花夏樹を裏方で支えています。

かつては料理人だったのですが、尾花夏樹と出会い才能に惚れ、エスコフィユで経営側に回ったのです。

そして3年前の事件の後すべての借金を背負い、借金を肩代わりしてくれたgakuで働いていた所、尾花夏樹と早見倫子がスカウト!

1番にグランメゾン東京の仲間入りした人物なんですよね^^

 

グランメゾン東京で三ツ星を目指し、資金調達や過去に分裂した仲間を合わせたりグランメゾン東京を日本一のレストランにしようとする思いが一番強い人です。

嫉妬からアレルギー食材を入れるなんて事するかな?っと疑問です。

けれど久住琴名は京野陸太郎が尾花夏樹に一番近く、一番嫉妬していると断言していましたよね。

アレルギー食材を混入したのは京野陸太郎だと。

 

京野陸太郎は尾花夏樹の才能に嫉妬したでしょう。

けれど尾花夏樹の才能に惚れ、嫉妬を乗り越え裏方として支えると決めたんです!

もし恨みがあるのであれば、自分から関わらなければいいだけですし、アレルギー食材を混入するなんて、相手の命に関わるような事をする人ではないと思います。

また京野陸太郎が犯人だという証拠もまったくありません!

京野陸太郎はアレルギー食材を混入した犯人ではない!

このように予想したいと思います。

グランメゾン東京のモデルは誰?ランブロワジーはパリに実在で価格は?日曜ドラマ、グランメゾン東京はフランス料理の世界。 尾花がパリで修行していたお店はランブロワジーで、その後パリで京野達と開いたお店...
Sponsored Link

グランメゾン東京5話ネタバレ予想!SNSでの反応は?

世間の反応も見てみましょう。

やはり京野陸太郎が犯人ではないと信じている人が多いですね!

また尾花夏樹は誰が混入したか分かっているという声も。

確かに尾花夏樹はすべて知ってるような気がします。

 

グランメゾン東京5話では、過去の事件が知れ渡ったことからオープン当日にお客様が予約をキャンセルするという、最悪の状態に。

けれど余った食材でフェスに参加し、カレーを作ることを決めます。

グランメゾン東京5話では、お店にお客様がくるように試行錯誤する展開なので、過去の事件や犯人探しにはならないでしょう。

グランメゾン東京5話では京野陸太郎の行動に焦点が当たりますが、京野陸太郎が犯人であるという証拠は何もでてこないでしょう。

久住琴奈やリンダは尾花夏樹と周囲を観察し、犯人探しを続けていくでしょうね~!

京野陸太郎意外に怪しい人物が登場する可能性も高いですね!

またグランメゾン東京が軌道に乗り出した頃が一番危ないと思います。

グランメゾン東京と共に、過去の事件にも焦点が当たりだしてきています!

今後の展開が楽しみですね♪

※以下、放送後に追記しています!

【グランメゾン東京】ある事件とは?犯人は丹後学で原因はナッツオイル?毎週日曜日夜9時から放送される「グランメゾン東京」 1話が放送され、内容が楽しいと話題になっています♪ 主人公の尾花夏樹(木...

【2019/11/17追記】グランメゾン東京5話ネタバレ感想!京野ではなく祥平がナッツオイルの犯人?

ドラマのラストは衝撃の展開でしたね!

フードフェスでグランメゾン東京の料理が人気になってきたところにgakuの妨害にあり、アレルギー食材混入事件の尾花夏樹が関与しているとタレコミがありフェスへの参加を中止させられました。

京野陸太郎はお店を守る為に嘘をつきます。

京野陸太郎が「自分がアレルギー食材の犯人でお店を辞める」っと言い出してお店を救おうとしたり。

けれど尾花夏樹は京野陸太郎が犯人でない事や、祥平がナッツオイルを混入してしまったことを知っているのです。

その証拠に祥平がカミングアウトしようとした時に止めたんですよね。

 

祥平がナッツオイル混入の犯人。

けれどわざとではありません!

ウニの料理のラストに入れるオイルがなくなった時に手をとったオイルが、ナッツオイルだったんですよね。

祥平はその事に気が付かずにナッツオイルを使ったんです!

祥平はずっと自分が犯してしまった事を抱え、葛藤していた事。

すべてを分かっていた尾花夏樹と京野陸太郎。

仲間の強い絆を感じ感動しました!

 

そして祥平がホテルを辞め選んだ道はgakuのシェフになること。

祥平が黒い服に包まれてでてきた時は驚きましたね!

これからグランメゾン東京とgakuはこれまで以上に本気で料理を作るでしょう^^!

大人の真剣勝負、本当に楽しみですね♪

グランメゾン東京6話ネタバレ予想は中村アンの正体は?ナッツ事件は未解決?グランメゾン東京5話が放送され、予想外の展開に驚きましたね! アレルギー食材を混入したのは祥平のミスだと分かりました。 です...

グランメゾン東京を見逃した人はパラビ(Paravi )で配信されています☆

https://mamasapu.com/guran1-vod

Sponsored Link
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください