これは経費で落ちません!

これは経費で落ちません【ドラマ】原作は小説?キャストが豪華で見所も紹介!

2019年7月よる10時から放送される【これは経費で落ちません】

多部未華子さん主演のオフィスドラマとなっています。

この記事では原作漫画についてやドラマの見所について書いていきますね!

Sponsored Link

これは経費で落ちません【ドラマ】原作は小説?

【原作】

著書:青木裕子
装画:uki

青木裕子さんの【これは経費で落ちません】が多部未華子さん主演でドラマ化されます。

表紙は絵ですが漫画ではありません!小説です!

シリーズ累計で50万部も突破した大人気の小説なんです!

 

青木裕子さんは2002年【ぼくのズーマー】でノベル大賞を受賞しています。

他にも【風呂ソムリエ 天天コーポレーション入浴剤開発室】や【ヴィクトリアン・ローズ・テーラー】など多くの作品を世に送り出しています。

ドラマ化されるのは今回が初めてですね♪

ドラマの内容をチェックしていきましょう!

Sponsored Link

これは経費で落ちません原作あらすじ

主人公の森若沙名子は独身、彼氏なし27歳!

経理部に所属し、仕事はしっかりする真面目な女の子です。

いくら忙しくても仕事に振り回されない森若ですが、山田太陽からアタックされ年下の男に振り回されちゃう?

というお話です。

 

好きな言葉は【イーブン】

経理部で仕事をこなしているだけあり、プラスマイナスゼロ!でないとダメなようです。

仕事ぶりから上司、後輩にも頼られる森若は一切スキがありません!

森若沙和子は27年間彼氏なし!

 

毎日ルーティーンをこなすため、イレギュラーなことに対応するのが苦手なんです。

森若に好意を抱く山田太陽は、職場では話かけるタイミングがない為仕事終わりに待っています。

山田太陽と言えば営業部のエース!

こんな事件が起きたらさぁ大変!笑

 

森若はどう切り抜けていくのでしょうか。

 

経理部の森若の元には様々な領収書がきます。

私的な利用はないかと目が光ります。

そして怪しい領収書を見るけると、チェックしに行くのです。

領収書の裏に隠れている人間模様を映し出すドラマとなっています。

 

女子同士の戦いや営業マンの抱えている問題、横領問題など、森若は真面目さゆえに社員のさまざまな出来事に首を突っ込み、落ち込んしまうのです。

社内皆抱えているものがあり、悪い人もいるけれど心優しい人達の集まりなんですよね!

経理部から見た社員の想いを知ることが出来るヒューマンドラマです!

 

社員が多ければ多いほど、それぞれの物語がありますね^^

ではこのドラマの見所をチェックしていきましょう♪

これは経費で落ちません【ドラマ】キャストが最高で見所も!

・多部未華子さん演じる森若沙名子の真面目過ぎる奮闘ぶり
イレギュラーなことが起こった時の対応
・営業部のエース山田太陽と徐々に距離が違づいていく2人の関係

山田太陽が鉄壁の森若をどのように口説いていくのか、楽しみですね♪

また多部未華子さんといえば、ほんわかしておっとりしているけれど、芯をもって自分が思っていることがズバッというようなイメージがあります。

なので森脇沙名子役にはピッタリです!

 

ゆったりとした洋服を着ているイメージが強いため、多部未華子さんのOL姿は楽しみですよね☆


SNSでも原作人気が高いことから、早くも話題になっています。

ドラマを早く見たい!キャストの多部未華子さんと重岡大毅さんがハマり役!との声も多くみられます。

 

経理部に所属する森脇沙名子が、領収書から不正がないか、怪しい領収書があったら徹底的に調べる!

みて見ぬふりをしようと思っても、なぜか首を突っ込んでしまう(笑)

そんな真面目な森脇の奮闘と、そんな森脇を支える山田太陽との恋愛ドラマを楽しみましょう☆

Sponsored Link