半沢直樹2【続編】

半沢直樹2【続編】箕部と紀本の関係がやばい?舞橋空港が重要な鍵に?

進政党の重鎮である箕部啓治は、国土交通大臣の白井亜希子のバックについている人物。

白井亜希子の「再生タスクフォース」を後押ししています。

なぜ重鎮である人物が関わってくるのでしょうか?

実は箕部と旧第一銀行には繋がりがあり、帝国航空を再建していくにあたり譲れない事が隠されているんです(*_*)!

では詳しく見ていきましょう(^^)/

※この記事は原作である「銀翼のイカロス」のネタバレを含みます

Sponsored Link

半沢直樹2【続編】再生タスクフォースの再建案に違和感?

半沢は帝国航空の再建を任され、

  • 人員削減
  • 赤字路線撤退

など各方面の予算を減らし、帝国航空を自力で再建するプランを考えます。

しかし政権交代で白井亜希子が国土交通大臣に任命された事がきっかけで、東京中央銀行の再建案は却下。

その後白井亜希子が帝国航空の再建を掲げる【再生タスクフォース】という専門組織を立ち上げます!

 

しかも・・・

再生タスクフォースが考えた帝国航空の再建案は、半沢らが考えた再建案とほぼ同じ!

けれど一部異なる部分がありました。

半沢は羽田ー舞橋間の路線を撤退する方向で検討。

しかし再生タスクフォースは赤字が続いていた路線にも関わらず、羽田ー舞橋間は撤退路線ではなく継続する事にしています!

 

白井亜希子は箕部派の若手リーダー。

そして舞橋は箕部の地元。

舞橋空港は箕部が憲民党時代に建設した空港で、別名箕部空港と言われているんです!

白井亜希子率いる再生タスクフォースが、舞橋空港を撤退する事は出来ませんよね~。

箕部から指示があったのでしょう。

 

この事から、再生タスクフォースの再建案には箕部の意向が強く反映されている事が分かりますね^^

箕部が再生タスクフォースに関わっているのは、舞橋路線を維持する為!

 

地元の活性化を求めているのであればとても良い政治家ですが、そうではないんですよね~^^;

この舞橋空港に隠れている秘密を見ていきましょう!

半沢直樹【続編】原作から黒幕ネタバレ!裏切り者や中野渡頭取は辞任?半沢直樹の続編は「ロスジェネの逆襲」と「銀翼のイカロス」が原作になっています。 この記事ではロスジェネの逆襲と銀翼のイカロスの黒幕...
Sponsored Link

半沢直樹2【続編】舞橋空港が重要な鍵に?

箕部空港とも呼ばれていた舞橋空港。

実はこの舞橋空港を巡って、箕部は不正にお金を儲け選挙資金として利用していたのです。

そして今後もお金を儲け続ける為、舞橋空港を維持する必要があります。

 

箕部は若手時代、土地を購入します。

けれど自分で購入しては怪しまれる為、マンションの運転資金として銀行からお金を借り、甥の会社である舞橋ステートを経由して土地を購入。

その購入した土地は、当時は何もない土地でしたが後に舞橋空港が設置されている場所なんです!

舞橋空港は箕部が建設した空港でしたよね。

 

箕部は後に空港が建設される土地を購入。

そしてその場所に空港を建設したんです。

空港が建設される前に土地を購入しておき、空港建設を決める。

その後空港建設が決まり、箕部に莫大なお金が入る。

そのお金を選挙資金として利用。

 

「取得した土地に空港を誘致して利益を得る」という政治家としてやってはいけない事を箕部はしています。

 

空港を誘致出来る程の広い土地を購入するには、資金が必要ですよね!

しかしそのような用途で利用するのに貸してくれる銀行はどこにもありません。

またバレたら大変な事になります。

 

その事がバレないように隠蔽し、お金を貸していた銀行があるのです。

それは旧第一銀行

紀本は15年前の箕部への個人融資に深く関わっていたのです!

半沢直樹2【続編】ロスジェネの逆襲をネタバレ!最終回結末は爽快感抜群?大人気ドラマだった半沢直樹の続編が7年ぶりに放送されます! 半沢直樹7年ぶりの続編はこの2冊が原作! シーズン1では...

半沢直樹2【続編】箕部と紀本の関係がやばい?

旧第一銀行から箕部への個人融資は、

融資時期:15年前
融資金額:20億円
融資期間:17年、回収済み
用途:マンション建設資金
扱い:事業資金

旧第一銀行審査部本店審査部の灰谷英介が稟議書を作成し、紀本が承認して融資を行っています。

紀本はこの融資が不正である事を理解した上で協力したのです。

書類を偽造し、見つからない場所数カ所に分けて隠すという周到ぶり。

 

普通、マンションの建設資金で融資する場合、「個人向けの住宅ローンの貸し出し」で対応します。

しかし「一般の事業資金」で融資。

 

また据え置き期間は通常半年程度。

でも、箕部への据え置き期間は7年間とありえない長さなんです!

 

また担保設定日が融資してから5年後の日付のため、5年間は無担保だったという事になります。

すべては箕部に利益が出るような手段で融資をしているんです!

紀本や灰谷達ら旧第一銀行はグルになってこのような不正な融資を数多く行い、分散させて見つからないように資料を保管しています。

 

紀本と箕部の関係は、

  • 旧第一銀行と政治家が癒着しているという事
  • 政治家とお金の問題に銀行が関係しているという事

この事が世間に公になると、銀行の信用は地に落ち、政治家人生も終わってしまう程の大スキャンダルです!

 

箕部への個人融資は、旧第一銀行の不正融資のごく一部でしかありません・・・。

旧第一銀行の不正融資が、箕部との関係を暴くことによってすべて明らかになっていくでしょう!

更に詳しく知りたい人はコチラ☆

半沢直樹2【続編】銀翼のイカロスネタバレ!最終回結末は銀行の不祥事?半沢直樹シリーズ最新作である銀翼のイカロス。 「銀翼のイカロス」は「ロスジェネの逆襲」の続編! 東京セントラル証券に出向にな...
Sponsored Link