パーフェクトワールド

パーフェクトワールド3巻ネタバレと感想!愛する人の為の決断!

こちらの記事ではパーフェクトワールド3巻のネタバレと感想をお届けします!

まだ2巻のネタバレをまだ読んでいない方はこちらからネタバレを見れます。

パーフェクトワールド2巻ネタバレと感想!2人の恋は波乱の幕開け!?

パーフェクトワールドは有賀リエさん原作で、映画化・ドラマ化されるとても人気のある作品です。

やっぱりネタバレを読まずに作品を見る!っというかたはこちらから作品が見れます^^

 

それでは、以下ネタバレを含みますのでご注意下さい!!

登場人物

川奈つぐみ(26)
インテリアデザイン会社クランベリーズに勤務

鮎川樹(26)
車イスの一級建築士 講談設計事務所に勤務

舞花(高校生)
鮎川がリフォームを手掛けた家の車イスの少年晴人の彼女

是枝くん(26)
つぐみと樹の同級生で東京でSEをしている

長沢さん
看護師でヘルパー、樹の世話をしている

Sponsored Link

第10話 離される想い

ホームから線路に落ちて全治2カ月のケガを負ったつぐみが病院で目を覚ますと、目の前には樹と是枝くんがいます。

つぐみと樹、2人は手を取り合い無言で涙します。。

 

そこに是枝くんから連絡を受けたつぐみの両親が駆けつけてくるのです。
そして取り乱したつぐみの母親は、樹に向かい罵声を浴びせます。

【もし一生歩けなくなりでもしたらどうなってたか!!!】

父親に静止され我に返る母親、樹はつぐみの両親に対し謝罪をするが、父親にまた日を改めるよう、もう家族だけにしてくれと・・・

つぐみと両親だけになった病室では疲れ切った母親の顔をみて謝ることしかできないつぐみに対し、骨折の為2・3週間入院するのであれば地元の松本へ戻るように言われます。

みんなを巻き込む事態となったことに苦しむつぐみの姿がありました。。。

そして樹は是枝からこんな言葉をかけられていました!

【こんなにきれいなものがそんなに長く続くのかな】

 

樹は職場でこのままでいいのか迷っていることを先輩に相談します。
一人で結論をださないように、と言われる樹。

また入院中のつぐみは車いすから見る世界を体感していました。

視線が低くなるだけで見える世界が変わり、外に出る恐怖を感じるつぐみは鮎川に会いたい気持ちが強くなるのでした。

 

樹のもとを訪れたつぐみの父親。
自分もバスケをしていたことやつぐみの幼少期の話をするが、土下座をして樹にお願いするのです。

【鮎川さん 頼む!頼む!娘と別れてくれ!!!】

ヘルパーの長沢さんからも「あの子とは別れたほうがいい」と言われ、直接会って伝えるという樹。

 

つぐみは樹からの返信がないことに不安を覚えていました。
つぐみの転院当日(地元の病院に戻る日)、病院の前で樹を見つけたつぐみは、樹のもとに向かいます。

別れを伝えるつもりだった樹だが、「目線が同じで鮎川に近づけたみたいで嬉しい」と嬉しそうに話をするつぐみ。

【待っててくれるよね?】【離れていかないで】

と涙ながらに訴えるつぐみに対し、この子を手放すことはできないと想いを募らせる樹がいました。

Sponsored Link

第11話 逆境の中で

つぐみは東京から松本の実家で過ごしています。

樹がつぐみの両親に会いに来ること、自分たちを認めてもらいたいと伝えるが、父親ははっきりと反対だと激怒します。

樹に会い別れてほしいと言ったことをつぐみが知り、2人は言い合いに!

痛みを抑えながら部屋を出る父を心配そうにみるつぐみの母はつぐみに、お父さんは病気であまり長くないことを伝えるのでした。

 

そんなある日舞花が松本のつぐみの地元に遊びにきてくれました^^

舞花も同じように晴人がケガをした後は心配で心配で心労が溜まっていた時があり、そんなときに病院の先生にかけれた言葉に救われていたのです。

【パートナーが障害を負うとその家族や恋人が心労で倒れてしまうことがすごく多いから無理してはいけないよ】

つぐみは晴人との前向きな将来を語る舞花と話をして、両親に自分たちのことを安心してもらうためにはどうすればいいのかを考え始めました!

 

その後2人はつぐみの高校へ行き、つぐみと樹の高校時代の話を舞花に話ます。

高校時代自分の絵に自信が持てないつぐみは、樹が高校生対象の建築コンペに作品をだすために頑張っていることを知ります。

建物を描くときの樹の想い【そこにいる人たちを想像しながら書く】

見えているものをただ描いていたが誰かを思い浮かべながら描くことにしたつぐみの作品は高校最後の展覧会で入賞したのです!!!

その作品は校舎と桜と体育館の絵で、つぐみはバスケをしている樹を想いながら描いたものでした。
作品が出来上がったときに樹に報告しに行ったとき、樹が幸村さんと付き合うことになったと知った瞬間だったのです・・・

その時自分が樹のことが好きだったことに気づいたつぐみでした。。。

 

樹と再会し、樹が入賞した作品を見に行っていたことを知ったつぐみは、何故見に行ったのかを樹に電話で聞くことにしました。

暇だったからとごまかす樹だったが、樹は体育館の窓からつぐみが絵を描いていることを知っており、どんな絵を描いているのか気になっていたのでした!

その絵には自分の高校生活の思い出がすべて詰まっているように思えてとても好きな絵だっっと言われたつぐみは、鮎川を想って描いた絵だったことを伝えます。

高校の時好きだったことを。

そしてお互いの気持ちを再確認した2人は、鮎川が迎えにきてくれることを約束するのでした。

第12話 君の為に

車イスで買い物をしていたつぐみは、友達の結婚式で帰省していた是枝くんにばったり会います。

病院で助けてもらって以来会っていなかったつぐみは是枝くんと話をすることになり、高校へ向かいます。

そこで2人は思い出話を始めるのです。

2人が話をしている場所は、つぐみが高校最後の絵を描いていた場所!
なんと是枝君は樹をみながら描いているつぐみのことを知っていたのです!

そして更なる事実が判明!

つぐみは完成した絵を、雪村さんと付き合いだしたことを知ったショックから焼却炉へ置いていたのです。
捨てたはずの絵がコンクールに応募されていて賞を受賞したのですが、つぐみは先生が応募してくれたと思っていました。

実はその絵は焼却炉に持っていくつぐみを見ていた是枝くんが、先生に応募方法を聞き応募をしていたのです^^

お調子者のイメージだった是枝くんの知らなかった一面を知ったつぐみでした。

 

一方樹はつぐみの実家に行く準備をしていました。
長沢さんに反対されつつも家をでる樹、しばらくすると車のクラクション音が響き渡ります。

沢村さんが駆けつけると、樹は全身の痛みに倒れていたのです!!!

脊椎損傷の合併症 空洞症】の可能性で検査入院することになります。

脊椎空洞症とは?

脊髄の中に水が溜まりちくわのような空洞ができてしまう症状。発症原因は不明。運動や神経をつかさどる神経に障害がでる。

空洞症だった場合、麻痺が広がり仕事ができなくなる、手も動かなくなるかもしれない事実を知っている樹は沢村さんの前で取り乱すのでした・・・・・・。

 

その夜電話で明日は仕事で行けなくなったと伝えるが電話が切られた後、異変を察知したつぐみは今すぐに東京へ帰ると両親に伝えると猛反対され父親にビンタされます。

兄に車を出してもらえないか頼むが、父親が反対しているためできないと断られ途方にくれます。
是枝くんが今日車で東京に帰ることを聞いていたつぐみは電話をかけるも、思いとどまりですぐに切りますが、是枝は着信に気が付きつぐみに電話をかけてきます。

間違えてかけたというつぐみの様子がおかしいことに気が付いた是枝くん。

つぐみが父親に内緒で深夜バスで帰ろうと家をでるとき母親に父親が昔使っていたマフラーをかけてもらいます。
今まで反抗しなかったつぐみがここまで人を好きなったことを驚いたが、自分も父親もつぐみの身体のことが心配しているから、と優しく声をかけるのです。

 

家をでると家の前には是枝くんの姿が!!!

【川奈になにかあったら俺はどこからでも駆けつける。俺は川奈が好きだから。】

様子がおかしいつぐみを迎えにきて東京に変える車の中で告白するのでした。

Sponsored Link
1 2