ラジエーションハウス

ラジエーションハウス2巻ネタバレと感想!ガンになりやすい体質は遺伝する?

2019年4月8日、月曜よる9時からスタートする【ラジエーションハウス】

このドラマは横幕智裕さんのラジエーションハウスという漫画が原作となっています^^

 

今回この記事では、漫画ラジエーションハウス2巻ネタバレを書いていきますね!
1巻ネタバレをまだ読んでいない方はこちら^^

ラジエーションハウス1巻ネタバレ!

もしネタバレを見ずに原作が読みたい方はこちら^^

以下ネタバレ注意!!!

 

Sponsored Link

ラジエーションハウス2巻ネタバレ リ・フラウメニ症候群とは?

杏は前回のマンモグラフィーのことをきっかけに、放射線技師に対する見方が少し変わってきました。
誰が撮影しても同じと思っていたが、放射線技師の技術の違い診断が異なり患者の人生を左右することに気が付いたのです。

 

11歳の男の子が膝の痛みで検査をしに甘春総合病院を受診しました。
レントゲンを撮り杏が読影しますが異常はなく成長痛と診断をくだします!

 

唯織はたまたま病院でその少年と話をし、母子家庭・母が以前病気になったこと・祖母は脳腫瘍で亡くなったことを知ります。

そんな時、少年の母親がやってきました。
その母親は乳がんで左胸を全摘出しており年に1回マンモグラフィーの検査を受けています。

 

マンモグラフィーを受けている時、唯織が手伝いに入りなぜか触診しようとしたため変質者(笑)扱いされ、杏にマンモグラフィー室の出入りを禁止されていた時の患者さんでした。

この時、唯織は何が気になったのでしょうかね?

 

そしてその母親の姉は白血病で亡くなっていることを知った唯織。

祖母が脳腫瘍、母が乳がん、母の姉が白血病、息子は膝の痛みを訴えているのです。
唯織は【リ・フラウメニ症候群】ではないか!?と疑い再検査をします!

 

【リ・フラウメ症候群】とは、がんを抑制する遺伝子が突然変異して、年齢や臓器に関係なく骨腫瘍・乳がん・白血病・脳腫瘍などが多発する遺伝子で、家族全員が遺伝として受け継いでいる遺伝性の疾患のことを示します。
ガンになりやすい遺伝子を持っているということです。

 

レントゲンでは問題のなかった男の子の膝だが、唯織がMRIを撮り【骨肉腫】という骨のがんを見つけたのです!!!

骨肉腫は10代に多い為成長痛と間違えられることもあり、我慢できない痛みになる時には手遅れになっていることもある恐ろしいがんです。

唯織は早期発見が難しいがんをも、早期発見することが出来たのです!!!

Sponsored Link

ラジエーションハウス2巻ネタバレ デンスブレストとは?

唯織はマンモグラフィーの検査を毎年行い、この間の検査でも問題はなかった母親にもう一度検査をするようにと伝えるのです。

【デンスブレスト】という【高濃度乳腺】の可能性があるというのです!

唯織は患者のマンモグラフィー画像を読影し、デンスブレストだと気づいたため触診しようとしたのでした!

 

普通の人は悪性のしこりがあると、しこりが濃く映ることから発見できるのですが、
デンスプレストの人は乳腺が発達しておりもともとが画像が濃くなるため、しこりがあってもマンモグラフィーでは、しこりの濃さの差がなく見つけにくいことがあるのです。

デンスブレストでがんが隠れている可能性があることを伝え、超音波検査を受けるよう伝えます!!!

 

母親は左胸を全摘した後、その事実に耐えられなくなり仕事に没頭、夫と離婚しシングルマザーとなっていました。

なので残っている胸もなくなるかもしれない恐怖に向き合うことができません・・・。

 

検査するときに元夫が子供を預かっていました。
元夫は女としての自信を失い悪夢にうなされ自分と結婚していることが辛いという訴えを聞き入れ離婚していました。
元夫は本当は離婚したくなかったのです!

その背景もあり、息子の骨肉腫で大変になることもあり、よりを戻さないか?と話をするのでした。

果たしてどのような選択をするのでしょうか?
優しそうな旦那さんなので、再婚して家族で病気と闘ってほしいですね!

 

そして2巻は超音波検査を実施するところで終わっています。

ラジエーションハウス2巻の感想!

11歳で骨肉腫というとてもつらい現実ですが、早期発見が出来たため5年生存率は75%、転移のない場合は90%で、最近では【凍結療法】があるのだそうです。

がんになった骨を取り出し、がんを死滅させた後に膝に戻すという治療です。

治療をし普通の生活に戻り友達と走り回ったりできるようになってほしいですね^^

 

またその母親も乳がんの疑い・・・しかも毎年マンモグラフィーを受けているのに!!!
見えないガンがあるなんて思いもよりませんでした。

まだ結果は分かりませんが、祈るばかりです。

ここは再婚して一人で抱え込まず、夫に頼ってほしいですね^^

 

子供の膝の痛みを成長痛だけだと思わず、骨肉腫という病気も頭に入れておこうと思いました。
また乳がん、毎年の検査、自分で触りしこりがないかの確認などきちんと対策をとっておかないといけませんね!

デンスブレストの場合、医師が患者に伝える義務はないようなので、女性の方はマンモグラフィーの検査をするときにデンスブレストではないかを医師に確認しましょう!!!

 

さらに詳しく読みたい方はこちら^^

 

 

Sponsored Link