同期のサクラ

同期のサクラ主題歌の発売日は?キャストが豪華で見どころや原作は?

2019年10月スタートする水曜ドラマは、高畑充希さん主演の「同期のサクラ」

このドラマは主人公のサクラの10年間を描いた作品になっています。

「同期のサクラ」の主題歌の発売日や見どころ、原作があるのかなどをお伝えしますね♪

Sponsored Link

【同期のサクラ】あらすじの紹介!原作はある?

北の小さな離島と本土を結ぶ橋を架けたい

この夢を叶える為、主人公のサクラは上京し大手建設会社に就職します。

自分の夢を社長にも宣言したサクラは夢に向かって一直線!と思いきや・・・。

まっすぐで夢を持つやる気のあるサクラと、同期の温度差。

上司や社長との対立など、サクラの忖度できない性格が波乱を巻き起こします!

 

逆境に立ち向かうサクラの姿勢に、次第に同期もついてくるようになるのです^^

そんなサクラと同期の10年間を描いた作品になっています♪

 

「同期のサクラ」は原作は小説かな?と思いましたが、こちら完全オリジナル作品になっています。

2017年に放送された「過保護のカホコ」の制作チームが終結!

脚本を担当する遊川和彦さんは、過保護のカホコの他「家政婦のミタゾノ」「女王の教室」も担当していた方なんです^^

絶対におもしろくなりそうですよね♪

 

人は環境によって変わっていく、いい意味でも悪い意味でも成長していきます。

そんな時代の流れに逆らい、サクラは周りに何を言われようが気にしない、10年間変わらず同じ夢を見続け奮闘するのです。

脚本家 遊川和彦のコメント

10年間変わらない。そんな人間がどうなっていくのか?
そんな人間がいて欲しいという思いを込めて、作っていきたいと思います。

引用:同期のサクラ公式ホームページ

 

大平太プロデューサーのコメント

「わたしには夢があります。ふるさとの島に橋を架けること」
「わたしには夢があります。一生信じ合える仲間を作ること」
「わたしには夢があります。その仲間とたくさんの人を幸せにする建物を造ること」。

こう言い放つ新入社員が、本作の主人公です。

彼女は夢のためなら、たとえ社長にだって自分の意見を貫く「忖度できない女」。50歳を過ぎても、つい「忖度」してしまう自戒の念を込めてドラマを作りたいと思います。「小さな巨人」の10年間の記録を目撃していただけたら幸いです。

引用:MANTANWEB

 

自分の意志を貫くことができる強い女性であるサクラ。

こんなかっこいい女性になりたいと憧れますね^^

次にこのドラマの主題歌についてみていきましょう!

Sponsored Link

【同期のサクラ】主題歌の発売日は?

ドラマの内容を照らし合わせると、爽快でパワフルな主題歌が合うような感じがしますよね!

同期のサクラの主題歌はまだ発表されていないんです!

気になりますよね~主題歌!

ドラマの印象を左右する主題歌を誰が担当するのか、発表がとても楽しみです♪

 

サクラは夢をもった新入社員!

離党から一人で上京し、サクラの10年間を描いた作品。

主題歌は若さ溢れる勢いのある新人アーティストが担当したら嬉しいなと思います♪

ドラマ同様に夢がありますよね^^!

主題歌については分かり次第お知らせしますね♪

【同期のサクラ】キャストが豪華!見どころや世間の評判は?

サクラを演じるのは高畑充希さん!

高畑充希さんの同期役はまだ発表されていないのですが、旬の若手俳優や女優さんが器用されるのではないかと期待しています♪

「過保護のカホコ」のファンにとっては嬉しいドラマになっています!

また人間関係に悩んでいたり、周りの意見に流されてしまう人にとっても、サクラのパワフルさは気持ちのいいものになるのではないかと思います♪

 

10月にドラマが始まるのが今から楽しみです^^

Sponsored Link